温泉学会理事会   

2011年 06月 20日

日本秘湯を守る会筆頭副会長の岡村さんと中部ブロック長の林さんと3人で大阪迄日帰り出張で学会の理事会に出ています。
熱い実に熱い・・・議論も熱いのですが、福島の原発の後自然エネルギーの開発が急がれている今、地熱開発は非常に切迫した問題です。
原発誘致の時と同じスタンスで首長を説得して地熱誘致をして、国立公園の生態系を変えてまで推進しようとする地熱業者と推進派が頑張っています。
当初、掘削に要する金額が1本当たり5億以上、発電所の建設に数10億、そして地熱が出なかった時に更に数本掘る・・・。その反面自然環境等の変化や生態系の変化等のモニタリングや投資金額に見合った経済的な説明がなされないまま次から次へと実施されて行きます。
これは非常に問題だと思うのですが、古くから守られてきた文化や歴史や自然が原発並みの誘致合戦で消えようとしているのは、残念です。
帰りに、新幹線の中でブログの更新をしています。

しかし、新大阪も梅田も暑さと雨の為か人が出ていない!その上量販店の中も外人もいない・・・。以前の人の波はどこへ行ったのだろう。

by nakabusa | 2011-06-20 20:26

<< 殺生から見た槍 根っこ風呂 >>