温泉裁判・・一審は棄却   

2014年 08月 29日

本日、13時長野地方裁判所で「温泉裁判不許可取り消し裁判」の判決が言い渡されました。
結果は「棄却」私共に不利な判決になりました。
判決分は、未だ私共に届いていませんので、届いた時点で判決文の内容を確認してから判断したいと考えています。

行政の管理されている源泉が民間レベルの目線や現行法律・他法令にそって整理されたものではない。その上、行政の範疇で固定資産税を免除され、全て民間と同レベルのものとされて判断されるのは平等性に欠ける。
又、私共の固定資産税を納めた源泉登録済の源泉を使わせないという市側の主張もおかしいと考えています。私共の敷地内の事を行政がいろいろ言われるのはこのような場合「行政側のおごり」としか思えない。

いずれにしましても、判決文が届いていない以上判断の出来るものではありません。
届きしだい弁護士と精査して判断したいと思います。


by nakabusa | 2014-08-29 22:29 | 温泉

<< 地熱ローストビーフと若鳥地熱蒸... 中房温泉の岩風呂です! >>